新しい治療、「再生医療」がご利用可能になります

当院において、新しく「犬(同種)脂肪組織由来間葉系幹細胞/ステムキュア」を用いた再生医療が可能になります。

点滴で幹細胞を投与することにより、
①炎症の抑制(免疫調整)、②二次性脊髄損傷の予防(脊髄保護)、③髄鞘の修復(再髄鞘化)
のような作用により、自然治癒力が活性化され、
主に「犬の胸腰部椎間板ヘルニア」において臨床徴候の改善効果が期待できる他、その他様々な疾患における有効性が期待されています。

特に、「手術が難し」かったり「麻酔リスクが高い」子、手術との組み合わせで「より良い治療効果を得たい」場合に適応となりそうです。

ご興味のある方はご相談ください。